Portland is…

DSC_0723
写真提供:大坪 侑史

 

普段から “ポートランド” というワードを耳にする機会は意外と少ないですよね?
ポートランドとは、アメリカ西海岸にある小さな町のことを言います。
ポートランドに行ったことがない方には、どんな場所か想像もつかないですよね。
しかし、実はわたしたちの生活を充実させてくれるアイデアが沢山転がってる町なんです。
そんなアイデアを求めて、現在ポートランドを訪れる日本人の数は急増しています。
「 ユニークなヒトやモノ、気持ちの良い空気と自然
 絵本の中に飛び込んだような感覚が体に染みつく
 新しい出逢いに胸をときめかせる朝 また新しい一日が始まる」

DSC_0670

写真提供:大坪 侑史

 

このブログでは、ポートランドから発信されるリアルな情報や、クリエイティブなアイデアをお伝えします。
ぜひ今日から参考にしてみてくださいね。
注目記事

PORTLAND LIVING 私たちのリビング

以前にもご紹介した

名古屋市内で

1年に4回ほど開催されている

ポートランドリビング」。

季節の地元野菜

手作りお菓子、珈琲

陶芸作品や

音楽のパフォーマンスなどなど。

様々なジャンルの

「良い物」が揃う。

生産者(表現者)から

消費者へダイレクトにつながる。

そんなも催し物のお話です。

 

「地産地消」を成り立たせるには

ローカル・エリアに

 「より良い」生産者がいて

「より良い」物を求める消費者が

地元に居る事。

そんなシンプルな事が

とても大切です。

「より良いもの」を作り

「より良いもの」を消費する。

そんなリビングが

日本中に出来れば素敵ですね。

そして今回!

そんなポートランドリビングに

私たち「POP UP PORTLAND WEB SHOP」が参加させて頂きます!

2018年4月29日開催

Portland Living 2018 vol.1

fullsizeoutput_14f7fullsizeoutput_14f8

170332170331170330

「和歌山から名古屋の地へ」

ポートランドのクラフトマンシップを伝えたい。

その一心で臨ませて頂きます。

地域の方が主体になって取り組む。

そんな「ポートランドリビング」に共鳴した私たち。

主催者である

小林卓一郎さんとの出会いがきっかけで

今回の試みが実現しました。

ポートランドリビングを運営する皆さん、

参加させて頂き、ありがとうございます!

感謝の気持ちでいっぱいです。

参加するに当たり、

ポートランドリビングの打ち合わせにも

出席させて頂きました。

このイベントを運営しているのは、

地元の農家さん

クラフト職人さんなど。

たった一度の打ち合わせに参加させて頂いただけで、

運営する皆さんが

どれだの想いを持って参加されているのか

それが伝わってきました。

fullsizeoutput_14e8

今回参加させて頂くに当たり、

大切にしたいこと。

それは『お客様としっかり会話をすること』です。

作り手の想いを、

私たちの言葉でしっかり伝えてきます。

 

2018年4月29日

名古屋の地で

皆さんにお会いできることを

楽しみにしております。

 

 

A NEW INVENTION!!!‽世紀の大発明‽

大切なのは


疑問を持ち続けることだ。


神聖な


好奇心を失ってはならない。

 

 

かの著名な物理学者がそう言った通り

我らがBlaq Paks

「カバンとはこうあるべきだ」と言う

常識に真っ向から挑み

発明品を生み出しました。

世間を揺るがすブランニュー・シット。

ぜひ目撃してください。

 

 

download

 

 

MORE,CHECK IT!➡★★★★★★★

Portland発!人気のアパレルブランド「Grafletics(グラフレティックス)」〜 注目の新商品初公開〜

本日は新しい商品初公開のお知らせ。

 

今回が日本初進出となるオレゴン州ポートランド発のアパレルブランド「Grafletics(グラフレティックス)」
地元ポートランドでは若者を中心に高く評価されており、日本での活躍も期待されています。
商品に関する情報はPop Up Portland Web Shopでご覧下さいませ。

 

 

 

「ものづくりに込める哲学とは。」〜新しい商品のご紹介〜

本日は新しい商品とその作り手のご紹介。

 

ポートランド発のレザーブランドOrox Leather Co.(オロックス・レザー)
日本での取り扱いはほとんどなく、希少価値の高いバッグが揃います。

 

作り手であるマーティンファミリーの哲学は、「お客様は私たち家族の一員である」ということ。
そのマインドを念頭に置き、クラフトマンシップ(職人魂)を込めて上質な商品をお届けすることに身を捧げています。

 

そんな彼らが愛情をたっぷり注いだ「新作バッグ」をちょっぴりご紹介したいと思います。

 

1. PARVA 〈Gray〉

無骨なリュックサック。

防水加工済みのキャンバス生地に

イングリッシュ・ブライドル・レザーと
オイル・タンド・レザーの本革ストラップが映える。

モノホン志向の一品です。

■サイズ
・縦幅41cm(オープン時:61cm) x 横幅52cm x奥行き 12cm

■素材
・ボディ部分:ニュージャージー製 防水加工キャンバス生地
・ストラップ部分:ペンシルベニア製イングリッシュブライドル・レザー
・ミネソタ製 オイル・タンド・レザー

 

 

2. MERCES Handbag-Large 〈Red〉 New

機能的で洗練されたハンドバッグ。

チェリーカラー・レザーがカワイイ商品です。。

オイル・タンド・レザーの高級感が嬉しい。

熟練の革職人一家OROXよりお届けする
確かな技術に裏打ちされた
オールレザー・ハンドバッグです

■サイズ
・横幅41cm×縦幅31cm×厚み13cm

■素材
・ボディ部分:オイル・タンド・レザー
・ストラップ部分:イングリッシュ・ブライドル・レザー

■構造
・内部ポケット

3. CROSS BODY Satchel 〈Gray〉

フラップ(カバー)部分に
ミネソタ製オイルタンド・レザーを使った
サチェル・バッグ。

学生が通学に使うイギリスの伝統的な手提げカバン(=サチェル)

OROXらしい素材使いで表現。

肩からたすき掛けも出来るので
自転車通勤の方にもおススメ。

小さめの旅行カバンとしても
ビジネスバッグとしてもお使い頂ける
人気商品です。

■サイズ
・横幅29cm×縦幅23cm×厚み8cm

■素材
・ミネソタ製オイルタンド・レザー
・ストラップ:イングリッシュブライドルレザー

■構造
・内部スリーブポケット×3

 

ぜひ一度ご覧くださいませ。

 

 

 

Portland発!スポーツをおしゃれに楽しめちゃう、人気急上昇中のアパレルブランドって!?

本日は新しく登場するアパレルブランドのお話。

 

アパレル?
そう、アパレル。

 

Pop Up Portland Web Shopにアパレルブランドが仲間入りします。
今日は、近日公開予定の新商品情報を「特別に」ちょっぴりご紹介します。

 

 

その名も

「Grafletics(グラフレティックス)」

18882037_1238162089627212_3266772146709805077_n
今回が日本初進出となる彼ら。
米国オレゴン州ポートランドを本拠地として、スポーツを楽しむ人たちに向けて革新的なアイテムを提供し続けています。

22491576_1362623117181108_4530103991496172909_n18056593_1197420183701403_636853966884871382_o

 

製品を手がけるのはグラフィックデザイナーRick Gillbert(リック・ギルバート)

25036045_332839537194209_1936288402269798400_n

より良いものを作るために「品質・デザイン・耐久性」など一つひとつのディテールにこだわるクラフトマンシップが彼の魅力。
他のブランドとはひと味違った雰囲気が、ファンの心を掴み続けています。

 

日本での活躍が期待される彼らの今後に乞うご期待です。

14124999_968703953239695_7965296355638701569_o14711551_1018529508257139_8519226356394018906_o17388859_1161557510621004_4159956419439177032_o

「一生ものが見つかる」お店 in Aridagawa

本日は、こだわっているお店のお話。

 

丸十家具

Screenshot 2018-02-12 08.58.33

家具屋さんだけど、並ぶのは家具だけじゃない。

 

私が大切な人に贈り物をするとき、いつも訪れるお店です。
なぜ訪れるかって、店頭に並ぶ商品選びにこだわりを持っているお店だから。

 

「本当に良いものを置く」がセレクトの基準なんだそう。
だからですかね、店内に並ぶ雑貨や家具は全く違う商品なのに何処か統一感があって、「ここなら間違いない」と信頼できるんです。
大切な人…といえば、もうそろそろバレンタイン。
小さい頃はチョコレートを作ってあげたっけな。
でも大人になってこの歳になると、「人とは少し違う、ちょっぴりお洒落な贈り物をしたい」なんて思います。
手作りのチョコにかなうくらいの、一味ちがう贈り物って?
お店の方に尋ねてみると、お話をしながら贈り物選びを手伝ってくれました。

 

セレクトしてくれたアイテムがこちら

IMG_5128

どれにしようか迷っちゃいますね。
丈夫さ ぬくもりを大事にした家具、シンプルで使い心地のいい日用品を取り揃える丸十家具。

 

IMG_4967

IMG_4954
お店の中を歩いているだけで、宝物探しをしている気分になります。

 

IMG_4980

IMG_5000

店内には全国からセレクトされた商品といっしょに、ポートランドから仕入れた商品も顔を出していますね。
最後に、丸十家具さんからのメッセージをご紹介します。

『歌うように、暮らそう。

使い勝手のいいもの、いい香りのするもの、座り心地のいいもの。
暮らしに寄り添う家具や雑貨達がお気に入りのものなら、きっと
思わず はなうたを口ずさんでしまうような素敵な毎日になるはず。』

 

 

クラフトビールGEEKなポートランド人の彼と巡る“クラフトビアバーの旅” in Osaka

「ポートランドといえばクラフトビール天国」
今日は、ポートランドから来日したクラフトビール好きの彼と日本のクラフトビアバーを巡っていた時のお話。
どんなお店や店主さんに出逢えるんだろうとワクワクしながら出掛けた旅で見つけた “素敵なBEERスポット” をご紹介します。
まず1軒目は大阪市西区土佐堀にある「BEER BELLY(ビアベリー)

fullsizeoutput_13f7

IMG_4093

Boz Scaggsの心地良い音楽に身を任せて店内へと進みます。
生樽で提供する10種類以上の箕面ビールは幅広いテイストで、好みに合わせてビールを選べるのが嬉しいですね。

 

わたしが気に入ったのは「ゆずホ和イト」
ゆず独特の爽やかな喉ごしは、あえてゆずの皮を使用しているからこそ出せる味。
World Beer Cupで最高金賞を受賞したビールだそう。女子に人気の理由も分かります。

 

2軒目は大阪市西区北堀江にある「MARCA(マルカ)

IMG_4149

 

その場で醸造したビールが楽しめる、居心地の良い空間でした。
ヘッドブリュワーが女性であり、大阪初のブリューパブだというから驚き。
「工場内の食堂でビールを飲みながら休憩する」がコンセプトの店内は、飲食スペースからビール醸造所が見えるスタイル。

 

店員さんがビールに関して丁寧に説明してくれるので、クラフトビール初心者の方でも安心して楽しめますね。
日本はポートランドよりも女性のヘッドブリュワーが多いんだそうです。
※ポートランドにおける女性ヘッドブリュワーはたった一人
それもそのはず、日本に初めて浸透したクラフトビールは比較的フルーティーなベルギースタイルのビールだったとか。
それまでは淡麗辛口のビールが主要だった日本のビール業界に大きな変革を起こしたのが、クラフトビールの登場でした。
これまでに飲んだことのないフルーティーな味わいに、女性は魅了されたんですね。

 

まだまだおすすめのビアバーを紹介したいところですが、今日はここまで。
またの機会にクラフトビアギーク(オタク)の彼おすすめのクラフトビールをご紹介します。

 

 

置くだけインテリア〜Portland発!一目で恋に落ちるカメラストラップって!?〜

カメラ女子にカメラ男子。
『カメラを日頃持ち歩く人=プロカメラマン』
そんな常識はもう存在しなくなりましたね。
いつ、どこにシャッターチャンスが訪れるか分からないからこそ、ふとした瞬間にドラマがあって面白いんです。
私も最近カメラを持ち始めて、今までにない視点で毎日を過ごすことになりました。

 

そんなカメラですが、こだわり始めると止まらないのがカメラグッズです。
“日頃持ち歩くなら、カメラグッズにもこだわりたい” なんて人が多いんですね。
特にカメラストラップはカメラバッグ等に比べて価格がお手頃で、こだわりのストラップを探す人も多いんです。
カメラ女子になって初めてポートランドに降り立った日、見つけたストラップ。
その使い心地と飽きのこないデザインが気に入っているので、今日はご紹介したいと思います。

Camera Strap by Feedback Straps

21992807_1913341445348089_4169642815186973168_o
作り手であるサラは、
「機能性に優れ、地球に優しい“身につけられるアート”を生み出すことで人々を笑顔にしたい。」
そんな強い想いのもとブランドを立ち上げました。
彼女のストラップ作りは、麻を一本一本紡ぐところから始まります。
心地よくフィットして肩や首の負担を軽減するオーガニックの麻。
カメラの落下を防止する非常に強度の高いフルグレインレザー。
そして何よりも注目して欲しいのは、そのデザイン性です。
彼女の自由な発想から生まれるデザインを言葉に表すなら、
『一度手にすると忘れることの出来ないインパクトが心を奪う。
“同じデザインには二度と出逢えない、だから私だけのデザインを見つけてみたい”
そんなワクワクした気持ちを与えてくれる不思議なデザイン』

 

個性を生かして人と差をつけたい方におすすめです。
こんな使い方だって出来ちゃいます。カメラを置くだけでインテリア。

13315677_1366086096740296_7823990662415223425_n

17361528_1692233124125590_1062705243848250270_n

Feedback Straps創業者:Sarah Marie Peek

14212225_10108155854414223_2891316155326230092_n

次回は、独創的なストラップを作り続ける彼女の素顔に迫ってみたいですね。

From Portland〜人気のプロダクツ再入荷のお知らせ〜

人気のプロダクツを再入荷致しました。
待ちに待った到着の日。
そわそわしながら箱を開けてみると、温かい手書きのメッセージとともに手作業で仕上げられたバッグが一つひとつ丁寧に梱包されていました。
本日は、そんな大事に届けられたバッグを一部ご紹介します。
  1. Merces Saddle (Tan / Mahogany)20478749_1883297455253468_4151457947420983296_n
     上質なレザーを使用し、気品漂うバックル部分が目を引くサドルハンドバッグ。
     女性には嬉しい収納性を兼ね備え、ストラップ部分には肩への負担を軽減するしなやかで丈夫なレザーを使用しております。
  2. Merces Petite (Tan / Brown)
    必要なものだけ身につけて出掛ける時にはぴったりなサイズ感が嬉しいポシェット。
    女性へのプレゼントにもおすすめです。
  3. Merces  Cross (Brown)
    orox000 cross
     滑らかな肌触りとコンパクトな持ちやすさが特徴的なクロスハンドバッグ。
    調節可能なストラップのおかげでショルダーバッグとして使うことも可能です。
  4. Merces Large (Tan)
    21372227_310867346043220_4496561649146134528_n
    新しいデザインに生まれ変わった人気のハンドバッグ。
    肩にしっかりフィットする取っ手の長さと新しく追加された収納ポケットが機能性を高め、さらに使いやすくなりました。

 

商品について詳しく知りたいお客様は、商品名のリンクよりPOP UP PORTLAND WEB SHOP内の商品ページをご覧くださいませ。

 

 

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑