ポートランドリビング in 名古屋

「PORTLAND LIVING (ポートランドリビング)」をご存知ですか。

IMG_2768

「公園は皆んなのリビング」

そんなテーマを掲げて始まったポートランドリビングは、今年の11月で開催3年目を迎えます。
名前に「ポートランド」というワードが入っているのは、その “イズム” を取り入れたイベントだからです。
今回はiroトリドリマーケットに出店されていたPORTLAND LIVINGのブースにお邪魔しました。

 

『ポートランドリビングを運営する人たちが大切にしているポートランドのイズムって?』

 

私が感じた一つのイズムは、地産地消を大切にするという考え方。
“こだわりを持ってものづくりをしている人が、自分の想いを対面でお客様に伝える。そしてその想いに共感した人が買っていく”
その土地に住むヒト同士がモノを通じて繋がる姿に、不思議と懐かしい感覚が湧き上がって来ました。
昔の日本では当たり前にあった光景がとても懐かしく感じられたんです。
今回開催されていたiroトリドリマーケットの会場全体にも同じイズムが共通して感じられました。

IMG_2744

そしてポートランドのファーマーズマーケットで初めて見た、作り手の生き生きした表情がそこにはありました。
ものづくりといっても形は様々。
野菜からハンドメイドの雑貨まで、ものづくりを通して個々を表現している姿が輝いていました。
モノづくりを体験できるワークショップもありました。

IMG_2745

大人気のパン屋さんには、この見事な大行列。賑わってますね〜!

IMG_2755

自転車で立ち寄る人も沢山。

IMG_2715

 

 

iroトリドリマーケットでは、歩いていると色んなお店に出会います。

 

私がふと見つけたハンコ屋さん
彼女にオーダーメイドハンコを作って頂きました。
その場で大切に大切に名前を刻んでくれます。
私が選んだのは、風船を膨らませる男の子の柄。
「この柄は残りひとつで売り切れなんです〜。お客様が買って下さった分で完売しました♪」
と満面の笑みで手渡してくれる彼女。
IMG_2736
なんだか心が温かくなりました。

 

このイベントに参加して私が最も感動したのは、しっかり自分たちの想いを言葉で伝える人々の姿勢です。
単にモノを売るのではありません。
作り手の想いに共感した人が、応援したい気持ちやその人との出会いに喜びを感じてモノを買っていきます。
モノを買うのではなく、作った人の想いやその日の思い出を買っていく感覚。
そしてPORTLAND LIVINGを運営している人の姿勢も同じです。
「なぜポートランドリビングに携わるか。」
イベントに関わる全ての人が個々に明確な理由を持っていて、そこに想いがある。
そんな強い想いを、全身を通して力強く語る姿に圧倒されました。

 

 

ポートランドが繋げてくれたご縁。
これからも大切にしていきたいです。
皆さんも名古屋を訪れる際は、是非PORTLAND LIVINGに足を運んでみて下さい。
きっと大切なことを沢山教えてくれるでしょう。

 

 

ポートランドリビング in 名古屋” への1件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。