ポートランドのフードカルチャーを知りたいなら「Foood Cart(フードカート)」を制覇せよ。

今日はポートランドの面白い文化「フードカート」のお話。

fullsizeoutput_f91

そもそもフードカートとは、移動式屋台のこと。

 

ポートランドのフードカートは「Pod(さや)」のように連なり、屋台街を形成しています。
このようなフードカート・ポット(屋台街)は至る所に点在し、フードカートの数は600軒を超えるというから驚きです。
多国籍の料理が楽しめるフードカート。
出来立てホヤホヤのヌードルを提供するカートもあれば

IMG_1213

地元の野菜を使用したアメリカンサイズのハンバーガーを提供するカートもあります。

IMG_1208

搾りたてのフレッシュスムージーは絶品でした。

IMG_1215

 

 

 

「美食の街」と呼ばれるポートランドのフードカルチャーを楽しむことができるフードカート。
ポートランドの住民はもちろん、観光に訪れた人にも人気のフードカートには、実はもう一つ重要な役割があります。
それは「若い料理人へのチャンスの提供」
飲食店を経営したいと志す若者がお店を出そうとしても、やはり資金面で苦戦するのが現実です。
その点フードカートは、比較的スタートさせやすい条件が揃っています。
そのためポートランドではフードカートを利用して飲食店経営につながるステップを踏む若者が多いんです。
実際ポートランドの有名なレストランオーナーのいくつかがフードカートから飲食業をスタートさせ、レストランを構えるまでに成長したそうです。

 

このように「何か新しいことにチャレンジしたい」と志す人をサポートする体制が整っているのも、ポートランドならでは。
挑戦するハードルが低いことと、新しく生まれてくる文化を受け入れようとする住民の姿勢が現在のポートランドを支えているのかもしれませんね。
ポートランドのフードカート事情について知りたい方にお勧めのサイトはこちら↓
ポートランドのフードカート情報を配信するウェブサイト「Food Carts Portland
こんなサイトがあるのも、ユニークで面白い。

 

「いつか私たちが住む町にもフードカート・ポッドを作ってみたい」そう感じる今日この頃です。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。